FC2ブログ

東京駅リフレクション撮影法

TS.jpg

今まで三度ほど試しました(まだ納得できていませんが。
小雨1、大雨2、これ以外でも散々行ってますが)
それらを踏まえて。
あくまで、ご参考までにというところ
そして自己責任でお願いいたします。

またリフレクション撮影のヒントになれば幸いです。

準備
・雨具必須。レインスーツと傘が欲しい。
・タオルやレンズを拭くもの必須。
・カメラ本体はビニール袋で防水しましょう。
 (防水できる機材が無くても、コンビニ袋+テープで
 かなりイケます)

ライトアップ時間
・東京駅ライトアップは基本としては21時まで。

撮影設定
・レンズは標準レンズでも良い、広角があれば尚良い。
・撮影アングルは、可能な限りローアングル。
 (地面に置いている方も居られました。念のため雨の日です。
 ちなみに東京ステーションホテルの警備員さんに注意される
 場合もあります)
 ミニ三脚かビーンズバッグが良いかな?
 当方はミニ三脚が、良い感じでした。一般的な三脚は位置が高い。
 レリーズ・リモコン必須。
・M・マニュアルモードでiso100、絞りはf8~f11くらい。
・基本としては長秒露光、シャッターは10秒以上...ほど。

・RAWで撮って現像(現像ソフトで、下半分を明るくするという
 作業もあります。これはソフトの有無および習熟度によります)


撮影天候
大問題が天候、水面でのリフレクション・反射鏡像撮影なので...

・最も望ましいのが、雨が上がった直後。次点は小雨というところ。
 →実は、これにより最大の要因は運でしかないと言えます。

大雨でもリフレクションは思ったほど良くありませんでした。
(大雨であるほど鏡像がボケてしまう。この場所は異常に排水が
良いので水がプールのように溜まるという事はありません。
当初、これを想像していましたが、複数の方の言+実体験で、これは
ありませんでした)


撮影場所
撮影場所は、GoogleMapでも表示されている東京駅前の黒い四角い部分。
ここに水が張ると(くどいようですが、ここにプールのようには水は
溜まらないのです)この黒い四角い部分の周辺で鏡像を狙うのですが
レンズによっては、この黒い四角い部分に、一歩か二歩程度踏み込んだ
方がよく撮れます(周囲に気を配りましょう、トラブルを避けられます。
邪魔をしては、やはり迷惑となりますので)

右と左(東京駅に向かっての便宜上の呼称とします)が、ありますが
どちらが良く反射するか?これも状況次第です。
構図として多いのは左側が多いようです(KITTEを背景として・有楽町
方面に向かって。もっともこれは好みなので)

おまけ
休憩場所としてはKITTEが良いと思います。まずトイレ、これが良い
(女性でもまったく問題ない)
地下にはコンビニ・食べ物屋(安く済ませるならラーメン屋がオススメ)
また何か所かソファがあります(屋上庭園も良いのですが、4階の旧局長室も
のんびりできます)

健闘を祈ります(こちらも、まだやってみます)

#東京駅リフレクション

PIXTAにて写真販売中。
↓↓↓ よろしければご覧ください。
Ziyuuichi Tomowo


・各SNS

Facebook
アカウント
供を十一(ともをじゅういち)

Twitter
アカウント
TheFool

YouTubeチャンネル
fooljpn za

Instagram
ziyuuichitomowo



・それらのハブ・集約化はWeb Site.
供を十一 Wix Ver. Web


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

大きな水たまりを見つけると思わず何枚も撮ってしまう事がありますが決まった場所では色々と準備が必要なんですね。休憩場所の情報まで網羅しているのはさすがですw

コメントありがとうございます

納得できませんが、やっとデータが揃ったとも言えます。
プロフィール

供を十一・fooljpn za

Author:供を十一・fooljpn za
Unauthorized copying and sale of images and articles in this blog we will ban.
If you breach, it is not good to those violation occurs.

当ブログの画像等を無断で使用することは厳禁です。
そんな事したら...何か良からぬことが起きますよ~。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード